地震の予測が出来れば被害を最小限におさえられる

災害の対策

地震が起きてしまったらどうする?

Japan

地震が起きた時に行なう事

地震が起きた場合には適切な行動を取る必要があります。その行動一つで自分の身を守るだけでなく、周囲の人間の身の安全にも関係するのです。どのような行動を行なえばいいのか調べておきましょう。

READ MORE
Earth

地震の二次災害で起こる津波

地震には津波という二次災害があります。揺れが治まっても油断してはいけません。津波から逃れるために避難するべき場所や必要になる用品を把握しておき、いざという時に備えておきましょう。

READ MORE

地震の前触れは動物が知っている

野生動物たちは人間にはないするどい感覚を持っています。地震が起きる前触れを察知した野生動物は一斉に避難したり、通常では行わない行動を取ったりするので、地震予測を行なうなら野生動物を観察するのもいいでしょう。

要注意の地震雲のまとめ

見た目がきのこに似ている地震雲

きのこ型地震雲と呼ばれている地震雲は東日本大震災の時に見られている雲になります。地震の規模によって雲の大きさが変わると言われているため大きなきのこ型地震雲を見た場合は要注意です。

一見縁起が良いように見える彩雲

彩雲は雲に虹が映り込んだように見える雲になります。色鮮やかな雲のため一見縁起がいいものに見えるでしょう。しかし彩雲も地震雲とされているので1週間前後は地震に備えておくほうがいいでしょう。

一筋になっている筋状雲

雲が一筋に流れている状態の筋状雲は、雲の発生から2週間後に地震が発生する可能性がある雲とされています。特徴のある雲なのですが、地震発生の可能性は2週間後になるので忘れた頃にやってきやすいのです。

雨の前兆ともされている羊雲

羊雲やうろこ雲や雨の前兆とされている雲になります。しかし、雨だけでなく地震の前兆にもなっているので注意しておきましょう。確率は低いとされていますが、念には念を入れて備えましょう。

地震に最も関係する竜巻型地震雲

飛行機雲と見間違われやすい竜巻型地震雲は、地震が起こる前兆に見られる雲の中では最も確率が高く全体の約85パーセント目撃されています。また、雲の真下から半径200キロメートルほどが震源地になりやすいとされています。

被害を最小限におさえる為に

Graph

地震の前兆を知る

関東地震などの大きな地震に備えておくには日頃から地震予測サイトを確認しておく必要があります。また地震の前兆である地震雲の特徴を覚えておくなどでしっかりと対策をとっておきましょう。

被害をおさえるために

地震は小さな規模でも人間にとって大きな被害を被る可能性があります。自宅にいても被害に遭う可能性があるのでそのため家具には倒伏防止のすべり止めや、食器が落ちてこないように工夫をしておくといいでしょう。

避難場所の確認を

万が一地震が起きてしまった場合のためにあらかじめ各市町村に避難場所が用意されています。自分の住んでいる地域や会社周辺の避難場所を事前に知っておくことで速やかな避難が出来ます。

常に避難用品を身近に置く

地震は夜遅くに起こる可能性もあります。そのためいつ地震が起きても対応できるように避難用品は身近に置いておきましょう。災害用避難キットなども販売されているのでこうしたものを置いておくと安心できます。